2007年05月10日

Elvis。

先月、うちに居候さまが二人いらっしゃったデス。

これからドイツ語を習おうということで、「絵本を買う!」というので漫画屋さん(あるんですよ)とシュトゥットガルトでは一番大きいと言われるクューニッヒシュトラッセにあるWittwer(ヴィットヴァー)という本屋さんへ行きました。

不要な所には不用意に立寄らない方が無駄遣いをしなくて良いのデス。

一緒に絵本を見ていたら、全体的に緑色がかって居て、ちょっと好みな感じ。手にとって読み進めたら笑った。(笑)

本のタイトルは、Gehoert das so??! -Die Geschichte von Elvis(Amazon.jp)。肝心のタイトルのところがイマイチ良くわからないのだけど、”本当にそうなの?”とかいう感じなのではないかと思います(わかる方、サポート、プリーズ!)。副題は”エルヴィスの物語”といったところでしょうか。
gehoert_das_so.jpg

Amazon.jpではあらすじすら書いてないのですが、Amazon.deでは、ちゃんと書かれていました。

赤い大きな手提げ袋を引きずった小さな女の子。とっても悲しそうにしています。誰も彼女がなぜそんなに悲しいのかわかりません。聞いてみれば、エルヴィスが死んでしまったと言います。尋ねた人は、エルヴィス・プレスリーを思い浮かべます。でも、彼女の言うエルヴィスは、エルヴィス・プレスリーではないのです。

最後は少し寂しい風を残しながら、手を振って去ってゆきます。絵自体はCGなので手書きの挿絵ほどの温かみはないですが、Deutscher Jugendliteratur Preis(ドイツ青少年文学賞?)を受賞の秀作デス。


子供の頃に読んだ絵本で、一番覚えているのは、すてきな三にんぐみ
sutekina_sanningumi.jpg

知っている人も多いかもしれません。
作者のTomi Ungererさんはストラスブール出身。2001年11月28日に70歳のお誕生日を迎えられたようです。原文はフランス語かドイツ語でしょうか。

英語版は絶版のようで、古本でしか今は手に入れることが出来ないようです。しかも高額!プレミア品!?
独語版は健在。お手頃価格。
おまけの仏語版
この3ヶ国語版ではどれも”3人の泥棒”というタイトルですね。

Tomi UngererさんのOfficial siteがありました。


もう1つ。
母の実家に行った時に、近所(?)のダイエーの本屋さんで、お正月休みに祖父に買ってもらった本。サンタクロースっているんでしょうか?
santa_claus.jpg

表紙の肌触りがとても気に入って買ってもらった覚えがあります。赤い帯がついてたなぁ。
とても有名な実話を基にしているので、読んだことがある方も多くいるでしょうね。



たまには絵本に浸ってみる。ポチッとな。Vielen Dank!
ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by のだめ。 at 06:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
コメント&TBありがとうございました!
絵本にエルヴィス・プレスリーの名前が出てくるなんて、ちょっと驚きです。
今の日本の子供達には「?」かもしれませんね。
ウンゲラー(アンゲラー?)のサイトがあるなんて知りませんでした。
でも、英語も独語もできないので、画像を楽しみました^^
Posted by mica at 2007年05月10日 16:29
絵本は見ているだけで、優しい気持ちになれますよね。エルヴィスのお話は気になりますね。私も今度、本屋さんで色々見てみます☆
Posted by Saori at 2007年05月11日 06:30
>micaさん
プレスリーが出てくるなんて、小ジャレテますよね!
私、作者はもう亡くなっていると勝手に思ってましたが、ご健在なんですね。新作も楽しめるとなると、益々楽しみです。

>Saoriさん
ドイツ語勉強してない私には、辞書で単語を引きながらで時間かかったんですけど、ほんわかしました。本屋さんで、何かオススメが見つかったら、教えてくださいね!
Posted by のだめ。 at 2007年05月12日 20:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41327835
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。