2007年01月14日

Mineraltherme Boeblingen。

BlogをUpしようかとしていた間際、近所の人が来まして、その方の駐車場出入り口に駐車してしまっていたらしく、駐車違反金15ユーロを支払う羽目になりました。駐車してはいけないとは書いてないぞっ!
その近くに、消防用区画として駐車禁止となっている場所に停めている車が2台。これらは駐車違反ではないようで、違反金を支払わなくて良いみたいです。

ちなみにこちらで違反をすると、銀行振り込みの用紙が送られてきたり、ウィンドウワイパーの所に挟まっているだけで、出頭の必要ナシ。面倒な手続きは要らないけど、

納得いかーん!!!

う゛〜〜〜〜。


気を紛らわせる為に書きます!

シュトゥットガルトから南西へ40km離れたところに位置するブューブリンゲンという街に、ミネラルテァメという健康ランド温泉があります。

美容と健康に働きかけるマッサージをしてくれるMimaris(ミマリス)はこの施設内にあります。

飛び込みでマッサージしてもらおうと思っていたのだけれど、「やっぱり予約しておいた方がいいかな。」と前日の金曜日に電話。土日は予約がいっぱいで希望していたコースは時間的にムリだということで、アロマオイルでの全身マッサージを予約。

行く前にあった用事を済ませたら、ミネラルテァメの到着が予約の時間ピッタリ。初めて来たので設備のシステムが不明。

駐車場から階段を上がって建物の入り口へ。

温泉の入り口は更に階段を上がったところ。

温泉の入場料の支払い所で、ミマリスへはここからで良いのかを確認して、入場料を払うと、緑色のコイン大チップが付いたアームバンドを渡してくれる。支払い所のおねえさまが、私が初めてさんとわかって説明をしてくれる(時間ないよ〜。)。

温泉内では現金での支払いではなく、このチップへ課金されて、しかもこのチップでロッカーの鍵の変わりもするらしい。マッサージのお金もこのチップへ課金されるから、使った分は温泉を出る時に支払いするのだとか。マッサージの分が課金されると、温泉の入場時間(2.5時間)とマッサージの時間は別に計算されるんだって。わかったようで良くわからないけど、ともかく入ってみよう。

チップを入り口の所にかざして入場。
ロッカールームはバーデンバーデンの時のように、更衣室を挟んで土足と裸足の場所が分けられる。ちょっと説明するのは難しいけど、更衣室に前後(左右?)にそれぞれトビラがあって、更衣室に入ってきて、中にある小さい棚を倒すと両方のトビラに鍵がかかり、反対側に出るとロッカーがあるんデス。まぁ行ってみてください。(笑)

ロッカーの鍵のかけ方が変わってて、入場料支払い所で受取ったチップをロッカーの取っ手にある緑色のプラスチック部にチップの表面をかざすと(裏面では反応しない)、取っ手が緑色に光って、取っ手を回すことによって鍵が掛けられるようになっている。開ける時も同じように取っ手の緑色の部分にチップをかざすと、取っ手が緑色に光って開く。違うロッカーにチップをかざすと、取っては赤色に光るんです。

良く出来たシステムだ!と感心したんだけど、問題はチップにロッカーの番号が表示されるわけではないので、自分で覚えておくしかない。私は番号を覚えることをすっっっっっっかり忘れていて、帰るときに探した、探した。閉まっているロッカーに、自分のチップをかざして回ったさ。(笑)

ちなみに更衣室は男女混合。但し、個室なので全く関係ナシ。

更衣室を抜けてシャワー室(男女別)とお手洗いがあるところを抜けると広いプール。バーデンバーデンのカラカラテァメみたい。
初めてなんで、内部構造がわからない。ミマリスはどこ?なんて探して下階へ降りるとサウナエリアへ。

上のプールでは皆さん水着を着ておられたのですが、ここに来て、上なりしたなり、いろんなものがブラブラしてまして。目が釘付けになります(笑)。

でもここにはミマリスはなく、レストランのバーで場所を聞くと上階にガラスの扉があるからということで、観察は後にしてプールの方へ戻ると、奥のほうに発見!

予約から10分経過してました。

後の予約が詰まっているので、全身マッサージには時間的にムリということで、背中だけのマッサージに変更。

って、マッサージしてくれる人は男性なんですけど!?しかもおじいさんとか言うわけではなくて、普通におにいさんですが!?

マッサージするには水着脱ぐんですよね????

ドイツ人はこういうのは気にしないんですね。。。

人に見せられるようなスタイルでもないので、というか見せられたほうがお金を要求しそうですが、躊躇したものの、とりあえず肩紐だけ外して台の上にうつ伏せ。にいさんに、”水着下ろしますよ〜”と聞かれて腰まで下ろされました。

正直、遅れて来て良かったかもなんて。全身マッサージだったら全部脱ぐんでしょ?ってそれはやっぱり考えてしまう。でもたぶん脱いでるだろうけど。

肩、腰の凝っているところを中心にあっという間の20分。にいさんだからではなく、気持ち良かったですよ〜。

終わりに次回の予約。1ヵ月後。さすがに1ヶ月後だと、土日でもまだ予約ナシ。
今度はMimaris Oriental(ミマリス オリエンタル)というコース。”Ganzkoerperpeeling, Cleopatrabad und anschliessende Mimaris Verwoehnbehandlung mit Produkten von Thalgo”は、全身ピーリング、クレオパトラバスと最後にThalgo Paris(タルゴ パリス)の製品を使った処置(マッサージ?)。今度は遅れないで行かなくては。っていうか、やってくれる人はまた男性になるのか?

ミマリスを出てプール脇にあるブルーのライトで小部屋風になっている小さい温水プールへ。温度は36℃。ここが一番水温が高い。

中央の大プールでグルグル泳いでから、また別のプールへ。ここには棒状の浮きが置いてあり、思うように使っていいから、子供が楽しそうに遊んでた。頭と足に1本ずつ使って浮いていたりする人も。
車椅子の人も、ここのプールへ入れるような設備アリ。

外にもプールがあって、プールサイドに出なくても、内側にあるプールからそのまま外のプールへ出て行ける。んだけど、水温が32℃、34℃と低く、外気温に耐えられる温度ではないので断念。でも、外には結構な人がいたんですよ。

イマイチ体が温まらない。それよりも逆に冷えてゆく。

ので、下階のサウナへ。

男女混合の大部屋更衣室ではシャワーつき。老若男女、お互いを気にすることなくスパスパと水着を脱いでゆく。

私も脱ぎます!

このエリアでは…
”ブ〜ラブラ〜♪”な人も大勢いますが、胸タオル・腰タオルの人もいます。とはいえ、サウナ内では多くの人がマッパ。私は歩き回る時は胸タオルでサウナでは裸で。サウナ内の裸は意外と気にならない。というか、みなさんどこを見るでもなく、頭空白な感じ。

様々な種類のサウナがあって、フィンランドサウナ(90℃)、ハーブサウナ、オレンジサウナ、乾燥サウナなど。ハーブとオレンジは日替わり・時間替わりのようです。もう一つ、開始時間が決まっているものがあって、タイミングを逃したのでどんなものか探れなかった。

ここには水風呂、指圧マッサージ、タンニング、リラクゼーションチェア、足湯(一人分の浴槽があって、自分でお湯を溜めて使う)があります。更に、7ユーロを払って入るサウナガーデンも(たぶん、後払い)。レストランもあります。水などはここで(課金はチップに)。

サウナで結構温まったので今日はこのくらいで。



電車ではS-Bahn (S1) でGoldberg(ゴルトベァグ)下車。徒歩5-10分またはバス721番。

開館;月〜土 9-22、日 8-21、毎月第一金曜日は0:30まで
大人 9ユーロ、子供(5-14歳) 7.5ユーロ、家族(大人2人、子供4人まで(!))

持って行くと便利なもの。
-バスタオル(自分の体が隠れるくらいの)
-バスローブ
-ビーチサンダル(入浴中は必要ないけれど、入浴後にシャワーで体を洗った後に更衣室へ行く時、シャワー室の床があまりキレイではないので。)
-水着
-スイミングキャップ(髪が長い人など、強制ではないみたい)
-シャンプー、ボディソープ(浴後に必要なら)

ヘアドライヤー設置。
支払いは、現金なら出口付近にある自動支払機で。
(クレジットカードの使用可否は不明。ECカードなら入り口の所でおねえさんへ。)
割引のある前払い(チップをデポジットで)アリ。

Web内に簡単なミネラルテァメとミマリスの映像がありました。マッサージの映像で、男性マッサージャーが腰タオルですが、私のマッサージをしてくれた人は白衣でした。腰タオルでやられた日にゃ、かなり抵抗ありますけど。


去年の今日は何してた? →13日の金曜日

ポチッとな。Vielen Dank!
ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by のだめ。 at 08:54| Comment(6) | TrackBack(0) |  シュトゥットガルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
この度、旅行に関するランキングサイトをオープンしました。
オープン間もないため今なら上位ランクインも確実です。
簡単な登録ですぐにランキングにエントリーできますので
ぜひこの機会に登録をご検討してみてはいかがでしょうか。
貴サイトの登録を心よりお待ちしております。

サイト名:旅行注目度ランキング
サイトURL:http://rank-net.jp/travel/
Posted by 旅行注目度ランキング at 2007年01月14日 15:29
15ユーロは高いのぅ。

ミネラルテァメは本当にカラカラテァメみたいな雰囲気だね。バーデンバーデンは歴史が古いから、あれが他の地域の温泉施設の雛形になってる可能性はあるかも。
兄さんは多分、銭湯の番台に乗ってる人みたいに、全く気にしない境地に達してるんでしょう。
Posted by arcus at 2007年01月17日 12:18
日本の方が違反金高いんだよ。やったことないからわからないけど、聞いたところだと1万5千円取られるらしい。

そうか!似ているんじゃなくて、似せてるんだな。きっと。
Posted by のだめ。 at 2007年01月20日 17:37
のだめさん、Mimaris行って来ました!
力強いおにいさんのマッサージを期待していたのですが、なんとかわいらしい(私より小柄な)お姉さん。マッサージもやさしく、ソフトで、気持ちはよかったのですがちょっと私のばりばりの肩には物足りなかったです。次回はSHIATSUを予約していこうかと思ってます。でも、平日昼間空いてますねー。当たり前か・・。
Posted by あいあい at 2007年07月05日 06:04
>あいあいさん
Mimaris行かれましたかっ!!
ワタシのときは、マッサージは結構良かったんですが、ピーリングはちょっと痛かったですね。
オススメはThalgo Paris(タルゴ パリス)で化粧してもらうことですね〜(本当はオススメではアリマセンが、面白い顔に出会えます。笑)

http://greetingfromanywhere.seesaa.net/article/34059790.html

SHIATSUなんかも良さそうですね!
また行かれたら、どこの記事でも良いので、感想聞かせてくださいね〜。

平日昼間はやはり空いてましたか〜。予約して行かれたのでしょうか?真っ裸のサウナは入りました?(笑)

そろそろまた行きたいなぁ。
Posted by のだめ。 at 2007年07月06日 05:35
グッチ バック 激安
Posted by christian ルブタン at 2013年07月17日 06:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31380162
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。