2006年12月25日

Heiliger Arbend。

日本ではカップル達が街に繰り出す日。
お正月のように、ヨーロッパでは広く家族で過ごします。日本でも聖夜というように、ドイツ語ではハイリガァ アーベントと言います。

家の窓から見える丘はお昼を過ぎても厚い雲の中。
PICT6343.JPG

今日はとても気温が低いです。このまま行けば雪が降りそう。
お昼過ぎにお誘いを受けて、クリスチャンではありませんが22時開始のミサへ参列してみることにしました。

クリスマスの間には、特別なミサが様々な教会で行われています。特に多いのがオルガンコンサートとミサ(Messe;メッセ)が一緒になっているChristmette(クリストメッテ;クリスマスミサ)です。

参列するクリストメッテは、街の中心部にあるStiftskirche(シュティフトキァヒェ)。どの町にもシュティフトキァヒェはありますが、その教区の大司教様がいるのがシュティフトキァヒェですので、各教区には一つしかありません。

夜にしかも教会では特に寒いだろうとひざ掛けも持参して21時前に教会に向かいます。

全く人の居ないクーニッヒシュトラッセを想像していたものの、日曜日の午前中くらいには人影が。

シュロッスプラッツにはパンやワインを配る慈善のテントがありました。
PICT6345.JPG

10世紀か11世紀に歴史の始まったシュトゥットガルトのシュティフトキァヒェは、特に記述を見つけられないのですが、内部はモダンに改装されているので外観とのギャップに戸惑います。
シラープラッツから聖夜のシュティフトキァヒェ。
PICT6347.JPG

大きなシンプルな飾り付けのあるクリスマスツリーとその先の方(ツリーの上についているのではなく)にはキリストの生誕を暗示したベツレヘムの星が教会に飾られていました。
クリストミッテはオルガンコンサートに始まり、大司教様による説教、聖歌45 1-4(邦名;聖歌20番 神の御子は今宵しも)に続いて、説教、聖歌、コンサートを繰り返し、最後にJ.S.Bach A調フーガ BWV536を最後に、1時間強で終了。
(ミサ中なので写真はありません。あしからず。)

教会の中は以外と暖かったですが、外に出ると凍りそうなほど。
本物の聖夜というのを感じた気がした夜でした。



ポチッとな。Frohe Weihnachten!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 トラコミュ クリスマスマーケット、イルミネーションへ
posted by のだめ。 at 23:24| Comment(3) | TrackBack(0) |  シュトゥットガルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
夜のミサに行かれたんですね、寒かったことでしょう。だけど寒いほうがクリスマスらしいですよね。私は夜の街がどんなかな、と思って車で走ってみたんですがお店は全部休み。ふと思いついてSindelfingenのケンタッーキーフライドチキンへ行ってみたら営業中でした。(バーガーキングもやってましたが)なのでKFCで少しばかり日本的なクリスマスを味わいました。
Posted by 在独十年 at 2006年12月26日 04:27
ドイツの正しい厳かなクリスマスを体験されたんですね!素晴らしい。
シュトゥットガルトにいたころ、まさに、Stiftskircheでミサを弾きましたよ〜。(この時期、音楽家は稼ぎ時!笑)
のだめ。さんの日記を読んでいると、あまり好きではなかった(失礼)シュトゥットガルトの町が、懐かしく、ステキに思えてくるから不思議です。
Posted by ♪Mumukau♪ at 2006年12月26日 09:47
>在独十年さん
寒かったですよ。でも車で送ってもらったのでほんの少しだけでしたけど。24日の晩は家族と家で過ごすのが主流なんでしょうね。

シンデルフィンゲンにはケンタあるんですね!こっち来てから見てない気がしてた(あるいは気が付かない?)んですが。基本的にファーストフードには行かないので、探さないからかな。

>♪Mumukau♪さん
クリスマスコンサートからニューイヤーコンサートまでいろいろな音楽イベントありますものね!楽しませて頂いているお客さんなので、ゆっくりしますが、音楽家さん達の忙しさは、日本の坊様達と超えると想像できます。

>懐かしく、ステキに思えてくるから不思議です。
最大の賛辞デス!
多少ならず間違いもあるとは思いますがウソ・ホラ等は書いていないので、そう言って頂けると感激です。実際、シュトゥットガルトには、歴史的な大きな見ものがないですけれど、異文化人から見ると面白いモノが少しずつ散らばって残っている感じがします。
Posted by のだめ。 at 2006年12月28日 19:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。