2006年05月26日

Ludwigsburg

のんびり起きて隣街のルードヴィッヒスブルグへ。
PICT1390.JPG

残念ながら傘が必要になるくらいの雨。それでも庭園(ブルューエンデス バロック;Bluehendes Barock)は目を見張るものです。1日券で7ユーロ。ちょっと高いけど1日中使えるようです。近隣住民の人は何か特別なカードがある模様。その他二つのお城(レジデンツシュロッス;Residenzschlossとシュロッスファヴァリット;Schlossfavarit)も含めたチケットだと13.50ユーロ。雨であまり歩く気がしなかったので、庭園を抜けてお城へ行くことにします。

レジデンツシュロッスのガイドツアーは5ユーロ。
次のツアーは15時半から。傘など持って回らなくても良いものをロッカーに預けて。英語のツアーは1時半からのみ。休・祝日なら11時半と15時半にもあるそうです。今回はドイツ語。わかんないだけどね。
ガイドツアーの開始を待っている間、先生と思われる人と小学生くらいの10人くらいのグループが当時のコスチュームを着てガイドツアーをしていました。ドレスのすそを少しあげて、たおやかに歩こうとする姿がとてもかわいらしかったです。レジデンツシュロッスでは他にも様々な趣向を凝らしたガイドツアーがあるようです。

ツアーは城の概要から始まり、反響する天井のある広間、王の寝室、召使の部屋、王妃の寝室、教会、評議場など数え切れないほどの部屋の数々。家の中で十分な散歩が出来ます。
↓72mの廊下には、先祖が順番に次々と並べてありました。
PICT1394.JPG

この城の持ち主Ludwig(ロードヴィッヒ)Friedrich(フリードリヒ)は、なんと200kgあったとか!?なるほど大きなお腹です。
PICT1398.JPG

2時間半たっぷり見せてもらって、終わったのは18時。私達が参加した15時半開始のツアーが最終便だったようです。お土産やさんも閉まってしまいました。伝統工芸の陶器に関する展示があるそうです。

ちょっとルードヴィッヒスブルグの街をお散歩。
行きしなに見た道のど真ん中にある蛇のモニュメント(?)。1992年にオランダ人アーティスト、Auke de Vriesによってデザインされたもの。
PICT1400.JPG

市役所前を通ったところでアスパラガスの看板を発見。市役所にお決まりのRatskeller(ラーツケラー)と呼ばれるレストランで晩ご飯にすることに。
Spargelsuppe(シュパーゲルズッペ;アスパラガスのスープ)とFischvariationen(フィッシュヴァリアチィオーネン;魚介類いろいろ)をオーダー。
PICT1401.JPG PICT1402.JPG

魚介類いろいろと言うわりに、鯖と思われる白身のお魚と海老しかない。でもおいしかったからオッケーということで。

お店の中。時間が少し早かったのか空いてました。
PICT1403.JPG
posted by のだめ。 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
市役所のレストランがお勧めなのですね。
うーむ、なるほど!!
Posted by M at 2006年05月30日 08:50
今のところの経験では、大概の市役所にはラーツケラーというカフェやレストランがあります。シュトゥットガルトにもあります。”地元のもの”を目指して、探し出せなかったときにはラーツケラーが便利か思います。
Posted by のだめ。 at 2006年05月31日 06:47
Good day. Very nice web site!! Man .. Excellent .. Wonderful .. I will bookmark your site and take the feeds also…I am glad to find a lot of useful info right here in the article. Thanks for sharing..
Posted by バレンシアガ バッグ at 2013年07月26日 08:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18580552
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。