2008年07月21日

No title。

旅は楽しいもの。と、ワタシは思っています。
でも、今週末はとてもつらいものでした。

Londonで知り合った友人と、6月に一緒に休暇を過ごしていました。
シュトゥットガルトへ引越してきてから、Lyonへ遊びにも行った友人です。シュトゥットガルトにも遊びに来てくれました。

その彼女は、6月の休暇の1週間後、自ら命を絶ちました。

いくら近くになったからと言って、こちらに来て3年もしない内に、彼女のお墓参りに行くことになるとは、頭の片隅にも思いもしませんでした。

ワタシの携帯電話がちゃんと機能しておらず、連絡をもらったのは先週でした。それから、彼女のコトばかりを考え、涙が流れない日がありません。

市民墓地の新しい区画で、葬儀の時に添えられたたくさんの花で覆われていました。ワタシはただただ泣くばかりで、泣けば彼女が戻ってくるのなら、どれだけ良いか。



Dearest Alice,

It's a little bit earlier than when we planed to meet next. It should have been at your home in Bar le duc in this September and the balcony would be finished by E or I would help you two.

Whenever I met you, it was always fun and we laughed a lot without any paticuler reasons since first time we've met.
It was eight years ago. You were 20 and I was 25. I thought you were very funny, and wished that you thought of me as well. Even though I am five years older than you, you inspired me by how you'd like to do in future. I had nothing special to do and didn't think of future at that time. You taught me how people had to contribute to the society. I do respect you very much.
And, surpplisingly, you realised what you'd said, when we reunioned a few years later than that.

28 is too young to die, isn't it? Your father told me in front of your grave today, your mother was 28 years old, when you were bone. Even, you haven't got married yet. How can E live without you? I was really looking forward to attending your wedding.

I was dreaming only in my mind that you'd visit me with E after I went back to Japan. I could have children then and so could you.

If the God existed, loved you so much and recalled you, I had to hate him. If people say I'm selfish, I dare to be so.

You are a good girl. You have a strong sence of responsibility and are very sympathetic. If you were distressed because of them and if you won't worry of anything any longer now, I do hope you rest in peace.

And yet I'm very sad still now and can't delete your phone number from my mobile yet.

Love,
xxx
Megumi
posted by のだめ。 at 08:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
(-m-)
Posted by 編集長 at 2008年08月03日 03:20
お久しぶりです。悲しいニュースに驚きました。のだめさんの悲しみと彼女への愛が伝わってくるメッセージです。

昨年父を病で亡くして、私もまだ悲しみの中で生きています。たくさん思い出してあげて、そして思い出の中の彼女をいつか落ち着かれたご両親と共有してあげてください。
私はみんなが父の話をしてくれるのが一番嬉しいです。

元気になれますように。
Posted by shibako at 2008年08月14日 01:37
あまりにも悲しいお知らせ。。

私は、のだめ。ちゃんが心配なのだけど・・・
ちゃんと食べてる?
ちゃんと眠ってる?

大丈夫??
Posted by hiroring at 2008年08月17日 05:28
>shibakoさん
shibakoさんが日本へ一時帰国されていた時の記事は、リアルタイムで読ませて頂いていました。shibakoさんも深い悲しみの中に居るのが、ひしひしと伝わっていました。
どれだけ経てば、彼女の事を思い出に変えられるのか、今はまだ見当も付きませんが、少しずつ気持ちは落ち着いています。
お気遣い有難う御座います。

>hiroringさん
今は食べてるし、眠ってます。仕事もしなければいけないしね。まだ、思い出す度に悲しくなるけれど、大丈夫です。
気遣ってくれて有難う。
Posted by のだめ。 at 2008年08月18日 05:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。