2008年07月13日

Stachelbeeren。

土曜日の朝一。
日本では見かけたことのない野菜や果物が時折、軒で見かけられます。

今日は、こちら。↓
IMG_4914.JPG

見かけがとても良くぶどうの一粒に似ているのですが、ちょっと違う。
お店の人に聞くと、シュタッヒェルベァレンというらしい。
「”シュタッヘェル”があるのよ。」
と教えてくれるも、肝心の”シュタッヘェル”の意味がわからない。で、手にとって教えてくれました。

手にとって見てみると、ちいさい棘が。
IMG_4912_1.JPG

棘と言ってもとってもやわらかくてそのまま食べられるとのこと。ジャムやケーキなどにしても食べられるのだそうです。赤いのは甘く、緑のはすっぱいのだということ。ワタシが立寄ったお店では赤いのノミしか置いていませんでしたが、お隣さんは緑のもの。

食べてみると、確かに甘いし、棘の感じは全くしませんが、皮に若干酸味あり。


posted by のだめ。 at 17:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あ、赤のグズベリ!今真っ盛りですよね。
ベルリンだとほとんど緑ばかりなんですが、赤も美味しいですよね。
北海道では英語のGooseberryをそのまんま日本語化して「ぐずべり」と昔から呼ばれています。緑のばっかりだけど。
Posted by ぴかまま at 2008年07月13日 20:56
>ぴかままさん
ご存知だったんですね!
今まで見たことなかったんですが、日本でも栽培されているんですってね〜。
Posted by のだめ。 at 2008年07月16日 03:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。